ニュース一覧

ちくちくランチ会

ランチを食べて、おしゃべりしながら、手仕事タイムを楽しみませんか?手ぶらの参加も可能です(材料持ち込みもOK)(有料キット、無料材料、裁縫道具利用できます)手芸関係雑誌をパラパラ見るだけでも楽しいですよ。新しい趣味やお友達を作る機会にもなります♪

日時:毎週水曜日 AM 11:00 - PM 14:00

場所:極楽麦酒本舗

参加費:1000円(ランチ+ドリンクバー付き)

2018年02月23日

フォークギターワークショップ

好きな曲のコードを覚えて弾き語り。みんなでワイワイ、合奏を楽しもう♪時々、コーヒーブレイク!

ギターを持っていなくても大丈夫⇒レンタルギター有り

弾きづらいギターのお直し可能⇒実費で弦交換や調整をします

押し入れに眠っていた古いギターの修理もします⇒要相談

日時:毎月第1火曜日 PM 14:00 - PM 16:00

   毎月第4金曜日 PM 13:00 - PM 15:00

場所:極楽麦酒本舗

参加費:2000円(ドリンクバー付き)

問い合わせ、申し込みは下記までご連絡ください。

    田中 寛司  電話: 080-8223-5654

         メール:kanji.43@fine.ocn.ne.jp

2018年02月23日

極楽歌謡会

懐かしいあの歌この歌、唱歌やフォークソング、今流行の歌も極楽歌謡楽団の生伴奏で楽しく歌いましょう!

日時:毎月第2火曜日 PM 18:00 開演

場所:極楽麦酒本舗

参加費:1000円(軽食、飲み物付き)

2018年02月23日

ジャンバラヤズライブ

8人編成のブルーグラスバンドによるライブです。

迫力ある歌声とハーモニー、珍しいバンジョーやマンドリンの響きが魅力です。

活気あふれる生き生きしたコンサートの機会をお楽しみください。

日時:当サイトでお知らせします。

場所:極楽麦酒本舗

料金:1000円(アルコール含む1ドリンク付き)

連絡先 清野春樹

電話:080-6058-0285 メール:haruseino@yahoo.co.jp

コラム

私たちは8人編成のブルーグラスバンドです。誕生は4年前、音楽好きの仲間が集まって結成されました。仲間づくりをモットーにしていますので、3人で始まったメンバー数はあっという間に8人までふくれあがりました。ヴォーカル、キーボード、バンジョー、マンドリン、ギター3本、リコーダーという構成です。迫力ある歌声とハーモニー、珍しいバンジョーやマンドリンの響きが魅力と言われています。熟年だけでなく、若い人も参加し、度重なる練習も楽しく生きがいになっています。新たな地域づくりに音楽の要素を取り入れ、活気あふれる生き生きしたコンサートの機会をつくろうと思っています。皆さんと音楽を共にした楽しい集いにしたいと願っています。

主な曲目 (カントリーやブルーグラス)  ジャンバラヤ、カントリーロード、思い出のグリーングラス、アイムウォーキン、レイダウンマイオールドギター、ローリングマイスウィートベイビーズアーム、ロンサムタウン、オールマイラビング、イーストバージニアブルース、アイドントウォントユアランブリングレター、アイソ―ザライトなど50曲ほど(日本語の訳詞で歌う曲多し)

リードボーカル 清野 春樹/キーボード 澤根 奈津子/バンジョー 遠藤 正明/マンドリン 高橋 治仁/ギター 遠藤 光義 小島 浩子 斎藤 孝保/リコーダー 荒木 康男

2018年02月23日

こども食堂

もっと楽しく勉強したい。体を動かして遊びたい。みんなと一緒にご飯食べたい。そんな君のために、大学生のお兄さん、お姉さん、フツーのおじさん、おばさんが力になるよ!

日時:当サイトでお知らせいたします。

場所:極楽麦酒本舗

参加費:100円

定員は30名です。申し込み順となります。

問い合わせ申し込み先 高橋 電話:080-6018-8970

コラム

「米沢のこどもの貧困の問題をなんとかしたい」と髙橋市議に話を持ちかけた一人の市民の思いを実現させたいと、市議と多くの市民とで8月以来ワークショップを積み重ねて準備をしてきた「こども食堂」が12月18日オープンしました。メインの会場となったのは極楽麦酒本舗内のカフェレストラン。髙橋市議も運営役員として参加している会社です。

山形大学工学部の学習支援サークル「まなびす」が運営する無料の学習塾に通うこどもたちは日曜日の午後1時から勉強に励み、午後4時過ぎからは大学生たちとシュートボールゲーム。(写真)これは性別、体格、年齢の違いに関係なく誰もがポイントゲッターとなることができるルールを組み入れ、一定のスペースとボールがあれば簡単にゲームできるスポーツです。普段あまり体を使わないという学生もこどもたちとともにあいまみれて笑顔いっぱいで夢中になってプレーしていました。お楽しみの夕食会には児童7名、学生9名、保護者4名、運営スタッフ7名が参加。この日のために食材は市内の複数の事業者さんから無償で提供してもらい、7人の調理ボランティアが7品の献立を作り上げました。

初めての開催で周知の不十分さもあり参加の児童数が少なめではありましたが事業所さんからの協賛、学生と市民による運営体制の充実は今後の取り組みの礎になるもの。運営スタッフは「格差をなくしたい、と頑張っている学生たちの思い、子どもたちの未来のためなら力を尽くしたいと集まっている市民の思いが重なり合い素晴らしいコミュニティ活動が始まりました。呼びかけを広げ、もっともっと多くの仲間を作っていきたい」と今後の展開に夢を膨らませています。

2018年02月23日